洋菓子への熱い情熱|欲求を察する能力が必要|フードコーディネーターの資格を取得しよう

欲求を察する能力が必要|フードコーディネーターの資格を取得しよう

パティシエ

洋菓子への熱い情熱

ケーキ

仕事の場は様々

女性に人気の職業の一つとしてパティシエがあげられます。パティシエは、ケーキやクッキー、マドレーヌ等の洋菓子をつくり出す職人のことをいいます。パティシエの仕事場といえばケーキ屋さんなどの専門店が筆頭に挙げられますが、実はその活躍の場は多彩で、この他にホテルやレストラン、結婚式場、食品や洋菓子メーカーの開発などにも広がっています。パティシエになるにあたって求められるものは、なんといっても洋菓子への熱い情熱です。一人前のパティシエになるには、コツコツと修行を重ねていかなければなりません。しかも立ちっぱなしの作業がほとんどでなおかつ力仕事もあり、体力が必要です。根性と体力、そして熱い情熱がパティシエの特徴といえるものなのです。

専門の知識や技術を学ぶ

パティシエになるにあたって、必須とされる資格は特にないとされます。しかし、何の知識や技術もなくこの職に就くのは困難です。そこでパティシエになるには、いきなり専門店等で一から修行するか、もしくは調理専門学校か製菓専門学校で必要な知識や技術を学ぶことになります。現在ほとんどのパティシエは、専門学校で学んでから現場に臨んでいます。専門学校が人気なのは、様々な商品づくりに対応できるスキルを得られるからと言われています。専門店ではどうしてもその店で覚えたスキルが主となるため、それ以外のスキルが身につけにくいケースがあるのです。また、専門学校を卒業すると国家資格である「菓子製造技能士」および「製菓衛生師」の受験資格が得られます。これらはパティシエに必須の資格ではありませんが、将来独立したり店の責任者となる際には取得することが望ましいとされます。