欲求を察する能力が必要|フードコーディネーターの資格を取得しよう

女の人

お洒落喫茶を学べる学校

珈琲

人気の職種カフェをしたいときは基本的な知識を身につけられるカフェの専門学校を利用するといいでしょう。ここは経営まで教えてくれるので人気があります。しかし学校の数はかなり多いので体験入学をする前に資料請求をして選定するのがおすすめです。

詳細を確認する

グルメブームの効果

女性

調理は見た目以上に習得が難しい技術です。専門学校の学校に通って基礎知識を身につける事をお勧めします。また、関連する知識も率先して習得するようにしましょう。街角で気になるメニューを見かけたら食してみると良いかもしれません。

詳細を確認する

食に関する仕事

男女

目指す方法

フードコーディネーターとは、食品の開発やレストランプロデュースに携わる人のことをいいます。そのほかにも食品の販促やメディアでの紹介に関するフードビジネスも仕事のひとつです。フードコーディネーターを目指したい場合、高校卒業後に食関連を学ぶことができる短期大学や大学、専門学校へ進学する方法があります。また、年齢を問わず誰でも目指せる方法としては、資格取得をしておくと有利になります。フードコーディネーターの資格は3級から1級まであります。3級は食に関する基礎的な知識を問う問題が出題されており、初級レベルになります。2級はアシスタントレベルとされており、食に対してのお客さんの欲求を察する能力が必要となるでしょう。1級はチームを組んだときにリーダーとして的確な指示や問題点を解決できる能力を発揮することができるかを見極められます。1級を合格するとプロレベルといわれています。資格を持っていることが証明にも繋がるので活躍できる場も広がります。

気をつけること

フードコーディネーターとして仕事をするときは資格取得は必ずではありません。しかし、求人によっては資格取得が必須だったり、有利になっている場合があります。また、フードコーディネーターの仕事内容はさまざまですので、いざ働いたときに望んでいた仕事内容と違うと感じる場合もあります。求人を探す場合は求人票をよく注意して見ることが大切です。フードコーディネーターは独立して働いている人が多いです。しかし、いきなり独立するのは難しいので、食関連の会社に勤めて知識を深めたり、フードコーディネーターの先輩のもとでアシスタントを何年かしてから独立するケースが主流となっています。フードコーディネーターとして自分はなにをしたいのか目標を持って目指すことでやりがいのある仕事にすることができます。

洋菓子への熱い情熱

ケーキ

パティシエとは洋菓子を製造する職人です。活躍の場は専門店の他、ホテルやレストランなどが挙げられます。パティシエには洋菓子への熱い情熱と根性、体力が必要なのです。目指す人の多くは専門学校で学んでいます。専門学校の人気が高いのは、高いスキルが得られることと国家資格の受験資格が得られるからです。

詳細を確認する